渋谷区商店会連合会 労働保険事務組合

「労働保険」とは…

労働保険は「労災保険」と「雇用保険」で働く人とその家族を支える国のセーフティネットです。 (原則として労働者を一人でも雇っている事業主は、労働保険に加入することが法律で義務づけられています。)

  • 手続きが面倒
  • 自分で申告するのは大変

こんなときは 事務組合を利用しましょう!

労働保険事務組合制度のご案内

● 労働保険事務組合とは…

厚生労働大臣の認可を受けた団体で、労働保険の事務や保険料の計算などの事務処理を会社や個人事業主にかわっておこないます。

● 委託できる事業主は…

常時使用する労働者が 金融・保険・不動産・小売にあっては50人以下、卸売り・サービス業にあっては100人以下、その他の事業にあっては300人以下の事業主となっています。

● 委託するメリットは…

  • 労働保険料を3回に分割して納付することができます。
  • 事業主及び家族従事者は、本来労災保険に加入することはできません。しかし、労働保険事務組合に委託した場合には特別に加入できます。
  • ハローワーク、労働基準監督署への事務手続や、国への労働保険料の申告納付を事業主に代わって処理しますので、事務手続の時間や手間が減らせます。
  • 委託手数料の負担が少なくて済みます。
    (社労士等に委託する場合に比べると格段に安い費用です)

● お問い合わせ

渋谷区商店会連合会 労働保険事務組合
TEL&FAX 03-3406-7742(担当:合田・井口)